ストーリーマニュアル

ストーリーマニュアル

  • ダウンロード商品
    default
    ¥ 5,000

漫画・小説・ラノベ・映画、すべてのストーリーがあるコンテンツを作る人のために。 日本にはストーリー作りの理論がなく、ストーリーを作る方法も確立されていません。そのため、一部の才能ある人だけがたまたまストーリー作りの真髄にたどりつけるのみで、他の多くの人は脱落してゆく運命にあるのです。今、テクノロジーの進歩により、創作の裾野はかつてないほどに広がりを見せています。きれいな絵や映像を誰でも簡単に作ることができるようになり、きれいな活字の小説が書け るようになりました。しかし、ストーリーだけが取り残されています。本書は、そんな状況を打開するために作られました。通常、習得に何年もかかるストーリー作りの真髄を、できるだけ多くの方が、短時間で理解 できるように作られています。インターネットの登場により、過去の作品は現在の作品と肩を並べるようになりました。これは、これまでのすべての作品を越えていかなければならない ことを意味しています。ストーリー作りの基礎をいち早く身に着け、膨大なアーカイブを乗り越えるために、ぜひ本書を活用してください。 ☆入門編の「新しいストーリーの教科書」はこちら https://storymaker.booth.pm/items/1105917 【目次】 1、ストーリーの骨  1-1ストーリーの条件 1、ストーリーの2つの条件 ①考え方の変化 ・主人公が変化する ・主人公以外が変化する ・両方が変化する ②事件の解決 2、ストーリーの 3 タイプ ①英雄物語 ②成長物語 ③複合物語 3、きっかけ -StepUp   ●考え方の変化と感情の変化 ●考え方の変化を意図的に排除する手法 ●考え方の変化の振れ幅 1-2事件と主人公の設計 1、事件解決の制限 ①一般的な制限 ②心理的な制限 2、主人公の条件 ①事件を解決できる ②潜在能力を持っている ・読者には知らせておく ③善い行いをする -StepUp   ●テーマとは   1-3各要素の関係性 1、成長物語の場合 ①成長物語:考え方の変化が先タイプ ②成長物語:事件の解決が先タイプ 2、英雄物語の場合 ①英雄物語:事件の解決が先タイプ ②英雄物語:考え方の変化が先タイプ   2、ストーリーの肉 2-1作品を企画する 1、題材と料理方法 ①題材 ②料理方法 2、題材や料理方法の選び方 ①新しいかどうか、人と違うかどうか ②同時代性 ③自分が経験者であるか、もしくは強い興味をもてるかどうか 3、企画を磨く -StepUp   ●アイデアを生み出す方法 ●面白さとはなにか ①知らないことを知る喜び ②好きな人が活躍する喜び ③人が困難を乗り越える喜び 2-2キャラクターを作る    1、役割から考えて必要な設定を絞り込む ①成長物語の場合 ②英雄物語の場合 2、キャラクターを作るコツ ①特徴的なキャラクター:異常性 ②印象に残るキャラクター:ギャップを内包する ③愛されるキャラクター:共感させる ④完全なキャラクター:善い行いをさせる 2-3構成を考える 1、シーンの目的 2、構成 3、ゴールの設定 4、伏線と回収 ①ご都合主義とは ②原因を隠すことが伏線 -StepUp   ●どこを切り取るのか ●オチ 2-4表現手法 1、4つの表現手法 ①セリフ ②ナレーション ③ビジュアル ④エピソード -StepUp ●表現の順番

商品の発送について
倉庫から発送

BOOTHの倉庫から配送される商品です。入金が確認され次第、発送されます。

自宅から発送

出品者自身が梱包・配送します。「発送までの日数」は、BOOTHでの入金確認が完了してから商品が発送されるまでの予定日数です。
あんしんBOOTHパック で発送予定の商品は、匿名で配送されます。

ダウンロード商品

入金が確認された後に「購入履歴」からいつでもダウンロードできるようになります。

pixivFACTORYから発送

pixivFACTORY が製造・配送する商品です。入金が確認され次第、製造されます。

漫画・小説・ラノベ・映画、すべてのストーリーがあるコンテンツを作る人のために。 日本にはストーリー作りの理論がなく、ストーリーを作る方法も確立されていません。そのため、一部の才能ある人だけがたまたまストーリー作りの真髄にたどりつけるのみで、他の多くの人は脱落してゆく運命にあるのです。今、テクノロジーの進歩により、創作の裾野はかつてないほどに広がりを見せています。きれいな絵や映像を誰でも簡単に作ることができるようになり、きれいな活字の小説が書け るようになりました。しかし、ストーリーだけが取り残されています。本書は、そんな状況を打開するために作られました。通常、習得に何年もかかるストーリー作りの真髄を、できるだけ多くの方が、短時間で理解 できるように作られています。インターネットの登場により、過去の作品は現在の作品と肩を並べるようになりました。これは、これまでのすべての作品を越えていかなければならない ことを意味しています。ストーリー作りの基礎をいち早く身に着け、膨大なアーカイブを乗り越えるために、ぜひ本書を活用してください。 ☆入門編の「新しいストーリーの教科書」はこちら https://storymaker.booth.pm/items/1105917 【目次】 1、ストーリーの骨  1-1ストーリーの条件 1、ストーリーの2つの条件 ①考え方の変化 ・主人公が変化する ・主人公以外が変化する ・両方が変化する ②事件の解決 2、ストーリーの 3 タイプ ①英雄物語 ②成長物語 ③複合物語 3、きっかけ -StepUp   ●考え方の変化と感情の変化 ●考え方の変化を意図的に排除する手法 ●考え方の変化の振れ幅 1-2事件と主人公の設計 1、事件解決の制限 ①一般的な制限 ②心理的な制限 2、主人公の条件 ①事件を解決できる ②潜在能力を持っている ・読者には知らせておく ③善い行いをする -StepUp   ●テーマとは   1-3各要素の関係性 1、成長物語の場合 ①成長物語:考え方の変化が先タイプ ②成長物語:事件の解決が先タイプ 2、英雄物語の場合 ①英雄物語:事件の解決が先タイプ ②英雄物語:考え方の変化が先タイプ   2、ストーリーの肉 2-1作品を企画する 1、題材と料理方法 ①題材 ②料理方法 2、題材や料理方法の選び方 ①新しいかどうか、人と違うかどうか ②同時代性 ③自分が経験者であるか、もしくは強い興味をもてるかどうか 3、企画を磨く -StepUp   ●アイデアを生み出す方法 ●面白さとはなにか ①知らないことを知る喜び ②好きな人が活躍する喜び ③人が困難を乗り越える喜び 2-2キャラクターを作る    1、役割から考えて必要な設定を絞り込む ①成長物語の場合 ②英雄物語の場合 2、キャラクターを作るコツ ①特徴的なキャラクター:異常性 ②印象に残るキャラクター:ギャップを内包する ③愛されるキャラクター:共感させる ④完全なキャラクター:善い行いをさせる 2-3構成を考える 1、シーンの目的 2、構成 3、ゴールの設定 4、伏線と回収 ①ご都合主義とは ②原因を隠すことが伏線 -StepUp   ●どこを切り取るのか ●オチ 2-4表現手法 1、4つの表現手法 ①セリフ ②ナレーション ③ビジュアル ④エピソード -StepUp ●表現の順番